2016年のコーヒー不足は貧乳を救う!?

uroburos / Pixabay

どうも、さるビア1号です。

みなさんはコーヒーはお好きですか?私も普段からコーヒーはよく飲んでいて、毎日朝とお茶の時間の2杯は必ず飲んでいます。

スターバックスを代表するコーヒーチェーン店の台頭で、世界中でも愛飲者が多いコーヒー、なんと2016年は世界的なコーヒー不足に陥るかも!?というニュースが飛び込んできました!

スポンサーリンク

2016年は世界的なコーヒー不足に?

ご存じのように、世界のコーヒー生産の大半を担うのはブラジルです。
オリンピック開催を控えて、ノリにノッテいるブラジルといきたいところなんでしょうけど、 実は非常に深刻な干ばつに襲われています。そして、コーヒー農場も、前例にない被害に 見舞われていることが明らかになっていますね。
このほど米国農務省(USDA)傘下の海外農業局(Foreign Agricultural Service)が発表したデータによれば、ブラジルで生産されているロブスタ種のコーヒーが、大幅な減産の見込み。60kg入りのコーヒー袋にして、実に500万袋の減産に終わると指摘されています!

151231robusta2.jpg

出典:GIZMODE

主要生産国であるブラジルが深刻な干ばつに

ブラジルは世界最大のコーヒー豆の生産国ですが、2014年より「過去100年で最悪レベル」と言われるほど深刻な干ばつに襲われています。

世界最大の生産国で干ばつによって生産量が落ちる見通しになったため、国際的なコーヒー豆の価格は高騰しました。

ブラジル以外のコーヒー生産国は?

コーヒー豆の生産国第2位はベトナムです。

こちらはブラジルとは反対に、 コーヒー生産に適した気象条件がそろい、一時的に増産しているそうです。

また、ベトナムは栽培している主な品種が「ロブスタ種」。上記の引用元記事で減産傾向とある「ロブスタ種」を補完することになりますね。

また、ホンジュラスとインドネシアでも、異例のコーヒー豆の豊作を迎えており、 なんとか当面の需要は確保できそうです。

以外と生産数が多い中国産コーヒー

ところで以外と知られていないのが、中国でもコーヒーが生産されているということ。

中国は最大のコーヒー産地の一つである、コロンビアと同じ低緯度地域にあり、小粒種コーヒーの生産に適しているそうです。

2012年現在、アジアで最も大きく、高品質の小粒品種産地となっている。特にでも名を知られるプーアル市で盛ん。

スターバックスをはじめネスレなど大手企業がプーアル市政府と協力覚書に調印した。2010年、ネスレがプーアル市で調達したコーヒーは8000tであったがその後急速に伸びている。同社は1988年から雲南省でコーヒーの実験栽培を開始、直後には雲南でのコーヒー栽培を正式に決定した。

2012年現在では世界の5大コーヒーメーカーであるネスレ、マックスウェルアメリカ)、クラフト(アメリカ)、ニューマンドイツ)、イカムイタリア)はすべて雲南省に進出しているほか、日本のUCC上島珈琲シンガポール台湾の 企業も進出している。

出典:wikipedia

ロブスタ種のベトナムに比べて、中国はアラビカ種を生産していますし、上記引用からも分かるように、大手メーカーが中国の農園と契約しています。

コーヒーのパッケージの裏側にある生産国をよく見てみると、「ブラジル、コロンビア、他」と書いてあることがありますが、実はこの「他」の部分は、中国産が含まれていたりします。

こんな風に、知らない間に中国産コーヒーを飲んでいるのかもしれませんね〜。

コーヒー豆の価格は?

一般的にコーヒー豆価格の指標としてよく使われるのは、レギュラーコーヒーに使われるアラビカの方だ。そして国際的な(アラビカ)コーヒー豆価格 は、2013年秋時点で1ポンド=120セント付近だったが、ブラジルの干ばつによる生産減見通しのために、14年春には220セントと2倍近くになった。

出典:iforex

その後2014年暮れまでは200~220セント付近で推移していましたが、2015年になって急落し150セント未満に。

2015年11月時点でもそれほど上がらず、アラビカ種は148.94セント、ロブスタ種は88.63セントとなっています。

2015年に価格が下がった理由

ではなぜ今年になって価格が下がったのでしょうか?

1つは、深刻だった干ばつが緩和されたことがあります。

ブラジルでは11月頃から雨期になりますが、2015年の2~3月になってややまとまった雨が降り、特にコーヒー豆の産地でそれなりの量の雨が降り、それがコーヒー豆の生産を改善しました。

もう1つは、ブラジルの通貨・レアルが安くなっている点です。

ブラジルはここ1~2年景気が減速しており、通貨・レアルもかなり安くなっています。逆に米ドルの方は、米利上げ観測の高まりから去年後半から急騰しています。

レアルが安くなっているため、ブラジル産のコーヒー豆を安く輸出することができ、それが世界的なコーヒー豆の供給を高めた結果、供給過多になり価格が下がりやすい環境にあります。

日本国内では安くならない

しかし、日本国内の価格についてはそれほど下がる見通しはありません。

なぜなら、2014年10月末の日銀追加緩和以来、円安が進行して1ドル=120円付近に留まっているため。円安が進行すれば、日本が輸入する時のコストはどうしても高くなります。

ただ国際的なコーヒー豆の価格は下がっているので、他の食料品のような値上げが来る可能性は低いといえます。

まとめると、コーヒー豆の取引価格は高くないが、円安の影響で輸入価格が高くなるため、相対的なコーヒーの価格はそれほど変化はなさそうです。

アラビカ種とロブスタ種の違い

Christoph / Pixabay

コーヒー豆の三大原種と呼ばれているのはアラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種。
日本で流通している豆は、このうちの「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2種類になります。

では、アラビカ種とロブスタ種の違いはなんでしょうか?

一般的に飲まれているのは「アラビカ種」

普段わたしたちがコーヒー豆専門店で購入する豆は、「アラビカ種」がほとんどです。

「アラビカ種」の原産地はエチオピアと言われています。

そこから世界各地に伝わり、その地域の土壌や気候等によって個性豊かな味に変化していきました。
現在、世界で栽培されているコーヒーの約7割が、この「アラビカ種」と言われています。

カフェイン量が2倍の「ロブスタ種」

一方、ロブスタ種はアラビカ種が病弱なのに対し、病害虫に強いという特長があります。おまけにアラビカ種よりずっと安価。

インスタントコーヒーや缶コーヒー、リキッドタイプのアイスコーヒー、水出しコーヒーバッグにもよく使用されます。

ロブスタ種はストレートで飲むと、特有の泥臭さが出てしまい、味はイマイチだそうです。

ですが、2割程度のブレンドだと、アラビカ種の引き立て役となって味に深みが出て、さらにロブスタ種は豆の価格が安いため、コーヒーを低価格におさえるための「増量剤」として最適だそうですよ。

また、カフェイン量はアラビカ種の2倍含まれていますので、刺激を求める方にはロブスタ種がおすすめです。

インスタントコーヒー?ソリュブルコーヒー?

ところで、インスタントコーヒーも手軽で利用する方も多いと思いますが、2年前くらいから「ソリュブルコーヒー」という名前で出回っているコーヒーがあります。

見た目も味もインスタントコーヒーと変わらないのに、どうして名前が違うんでしょうか?

ネスレは昨年9月、主力商品の「ネスカフェ ゴールドブレンド」などで新製法を採用、これに伴って表記も53年間使ってきた「インスタントコーヒー」から「レギュラーソリュブル(可溶性)コーヒー」に変更した。

出典:東洋経済ONLINE

上記の記事は2014年のものなので、2013年に名称を変更したことになります。

ソリュブルコーヒーってなに?

インスタントがコーヒーの抽出液を乾燥させて作っているのに対して、ネスレによると、レギュラーソリュブルは微粉砕した焙煎コーヒー豆を、ネスレ独自の コーヒー抽出液と混ぜ合わせて乾燥して作る。抽出液にコーヒー豆を混ぜている点で、「インスタントというよりもレギュラーに近い」(ネスレ日本の渡辺正人 常務)としている。ただ、レギュラーコーヒーとも違うため、「レギュラーソリュブル」という新たなジャンルを設けたのだ。

出典:東洋経済ONLINE

インスタントコーヒーと同じようにお湯ですぐ溶けますし、味も、レギュラーコーヒーに近い味や風味が特長ということですが、正直私はよく分かりませんでした。舌バカではないと思うのですが。

逆にまずくなったという声もチラホラ聞きます。

「ソリュブルコーヒー まずい」ってグーグルの検索候補にも出てくるくらい。

この商品は、細かく砕いた焙煎豆を抽出液の中に混ぜ合わせ、インスタントコーヒーの中に包み込む製法で作ったものです。この細かく砕いた焙煎豆は、飲ん だ後のカップの底に残ります。これを弊社では「クレッセント(三日月)」と呼んでおります。これこそが淹れたての香りと味わいの証です。

出典:ネスレ日本

「レギュラーソリュブルコーヒーの成分の9割以上はインスタント。レギュラーコーヒーが多ければもっと粉末が残るはず」(業界団体関係者)という声もあります。

そもそも「Soluble」とは「可溶性」という意味ですので、粉末が残ったらソリュブルではないと思うんですが、そこんところはどうなんでしょう!?

レギュラーソリュブルコーヒーは体に悪い!?

ネスレ日本は、コーヒーカップの底にクレッセントができると、レギュラーコーヒーの証、みたいに言ってますけど、一般的にレギュラーコーヒーをドリップするときは、紙のフィルターを使いますよね。

フィルターで濾過するので、滅多なことではコーヒーのカスが入らないし、飲み終えたコーヒーカップの底には液体の跡はありますが、カスまでは残ってないけどなあ…と思っていたら、こんな記事を見つけました。

 滓は不味いコーヒーの象徴みたいなものです。エチオピアの生産地で、ヤカンとか鍋で煮出したコーヒーを飲むわけは、高価な道具が不足だからで、日本人には不慣れです。北欧でもつい最近までバイキング式の煮出コーヒーが飲まれていたようですが、国の健康施策も手伝って今ではペーパードリップ式に変わったそうです。

 さて滓の何が悪いかと言いますと、コーヒー滓にへばりついている化学成分ジテルペンが原因です。コーヒーのジテルペンには2つあって、そのどちらでも飲めば血中コレステロールと中性脂肪が上昇します。

 この効果はてきめんで例外はありません。もう1つの影響は、飲んだ人の多くで血中ホモシステインが上昇します(詳しくは → こちら )。

 コーヒーと病気の関係を調べた疫学調査では、高血圧と高脂血症の 2つは、少なくともコーヒーが良い影響を与えることはありません。特に高脂血症の人がコーヒーを飲むとほぼ確実に血中脂質が上昇します。高血圧の人が飲め ば、血管に悪いホモシステインで悪循環が起こります。それでもコーヒーを飲みたいというのなら、ろ過したコーヒーを飲みなさい・・・ということです。

出典:第213話 時事珈琲論(3) ソリュブルコーヒーという危ない飲みもの

これからインスタントコーヒーを買う時は、注意して買う方がいいかも!?

コーヒーの飲み過ぎが貧乳の原因に!?

orianaoviedo0 / Pixabay

特に1日3杯以上飲む人には、飲まない人に比べて平均17%も胸が小さなることが判明

スウェーデンの研究によると、1日3杯以上のコーヒーを摂取すると、バストのサイズが小さくなることが判明したそうなんです

コーヒー摂取量とバストサイズの因果関係についてはまだわかっていませんが、とにかく飲み過ぎは控えた方がよさそうです

バストが小さくなる原因になるというなら、2回以内に抑えたいところですよね

出典バストが小さくなる原因|胸が縮む理由を知れば対策できる!

 

ヤバいですね、わたくし、1日3杯は飲んでます〜!…紅茶党に変えようかな(笑)

まとめ

いかがでしたか?

引用元の記事では、ロブスタ種の大幅な減産と書いてありますが、表を見る限りアラビカ種はさほど減産ではないようです。

一般的に飲まれているのは「アラビカ種」で、ブラジル以外の原産国でも増産が続いているようですし、今すぐコーヒー不足に陥ることは無さそうですが、バストアップを目指す方は、これを機会に少しコーヒーの量を減らしてみてもいいかもしれませんね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加