【2017】富山県の初雪を予想してみた

manfredrichter / Pixabay

どうも、さるビア1号です。

今年は昨年に比べて10月から秋らしい気温が続き、暦通りに寒くなってきたと感じます。

とはいえ、暖かい日が3日ほど続くと決まって寒い日が2日ほど続いて、しかもその気温差が10度も違う日もあったりで、私の周りでも体調を崩す方が増えています。

10月にはインフルエンザが一部地域で流行ったりして、10月で!?早すぎる!と驚くとともに、確実に冬がやってくるのだなぁと実感します。

寒くなってくると気になるのは、今年の初雪がいつなのか?というところ。

というわけで、今回は2017年の富山県の初雪について予想してみました。

スポンサーリンク

10月17日に立山で初冠雪

今日17日(火)は北海道の釧路や旭川で初雪となりましたが、東日本にも冬の便りが到着。富山地方気象台は「立山」の初冠雪を発表しました。

出典:weathernews

初冠雪があってすぐに平野部で雪が降るわけではないですが、立山が白くなると、ああ雪が近づいてきたな、という印象です。

ちなみに昨年は11月2日に初冠雪でした。昨年は約20日ほど遅い初冠雪でしたね。

今年の立山は平年より9日遅く、昨シーズンよりも16日早い観測になります。

11月7日は立冬

7日(火)は二十四節気「立冬(りっとう)」。暦の上では冬の始まりとなります。

立冬を冬の始まりと考えると、日本ではいまいちピンときませんが、寒い冬を乗り切るための冬支度の時期と捉えると良いかもしれません。
中国のことわざに倣い、旬なもので栄養を補給し、来る冬に備えてみては。

やはり暦は嘘をつかない。立冬を境に徐々に気温が下がっている気がします。
特に朝晩の冷え込みが強くなってきましたね。日中は20度越えても、朝晩は5度前後の日もあります。
天気が晴れのときは放射冷却のためか朝晩冷えますので、暖かい衣服や食べ物で体温調整しましょう。
11月下旬には強い寒気が流れ込み、北陸エリアで初雪の可能性があるなど、順調に寒くなっていく模様です。

11月22日から小雪

小雪と書いて「しょうせつ」と読みます。

二十四節気のひとつで、この時期は北国の方では雪が降り始めるものの、積雪まではいかないことから、小雪と言われるそうです。

暦通り、11/23日からはぐっと気温が下がり、最高気温でも10℃以下、最低気温も5℃以下の予報です。

雪の降る目安の気温は?

気象予測の現場では、一般的に「地上付近で3℃以下」「上空1,500m付近で-6℃」「上空5,000m付近で-30℃」を地上で雪になる温度の目安として気象資料をチェックしています。

出典:tenki.jp

北海道はすでに雪が降っていますし、東北地方も夜は雪になるそうです。北陸は今すぐ降るわけではなさそうですが、天気予報は気温に注意して見るようにすると良いでしょう。

2017年の初雪は11月19日(11/20追記)

 富山市では冬型の気圧配置の影響で未明にみぞれが降り、富山地方気象台が初雪を観測したと発表しました。
 平年より13日早く去年より21日早い観測で、山沿いの地域では雪が積もりました。また、日中の最高気温も富山で8.5度までしか上がらず、12月下旬並みの寒い一日となりました。

出典:exciteニュース

平年はだいたい12月2日あたりで、今年は平年並みとの予想から今年は12月2日前後が初雪ではないかと思われます。

富山地方気象台の10月の気象概況によると、台風の影響もあって降雨量が例年より多かったことから、もしかしたら例年より早めに初雪となる可能性もあります。

Accuweatherによる12月の天気予報では、12月29日に一時的な雪や雨の予報がありました。

私の予想より10日早かったですね。確かに18日、19日はとても寒かったです。

ちなみに、去年(2016年)の初雪は12月10日でした。

【北陸】これからの平成28年の富山県の初雪の話をしよう【2016】

昨年は、平年並みとの予想が外れて12月10日にみぞれが降りました。みぞれでも初雪とカウントするそうです。

今年は平年並みということなので、しっかり雪支度をしておいた方が良さそうですね。

昨年の降雪状況から今年の降雪日数を予想

昨年12月の雪が降った日は、初雪の日を含めて3日でした。

今年1月は9日。そのうち1日中降っていた日は3日間。
2月は8日。そのうち1日中降っていた日は2日間。
3月は2日でした。
昨年はあまり雪が降っていませんでしたね。
その前の2015年も暖冬で、昨年も雪のない正月でしたので、2016年も雪が少なかったようです。
年々雪が少なくなっているなあと感じますが、さすがに3年連続して暖冬はないと思いますので、今年は例年並みに雪が降るのではないかな、と思います。

ちなみに例年並みの降雪日数とは

12月では9.7日。
1月では19.1日。
2月では16.1日。
3月では9.1日。
と、なっています。
 
この平均値から見ても、2016年、2015年は降雪日数が少なかったことが分かります。
今年は例年並みという予想ですので、例年並みとなると1月2月が雪で厳しいイメージでしょうか。
 
正月前後に雪が降ると、その年はしっかり雪が降る傾向があります。
先ほどのAccuweatherによる1月の天気予報では、1月1日は雨まじりの雪、2日は多少の雪の予報ですので、例年並みに降りそうな予感。
ああ、毎朝の雪かきを考えると今から憂鬱な気分になってきました…。

雪支度1:もうタイヤを替えよう!(11/20追記)

tookapic / Pixabay

11月29日頃が初雪と考えると、そろそろタイヤを冬用タイヤに替えておいた方が良さそうですね。

ちょっと早めに替えるなら11月19日(日)または23日(木・祝)、25日(土)が良さそうです。

19日午前中は晴れていたので、午前中に替えていた方が多かったようです。

私は午前中は用事があって替えられなかったので、次は23日は雨の予報になってしまいましたので、天気の良さそうな25日(土)が良いかな、と思います。

次に雪の予報が出ているのは12月9日となっていますので、11月中には替えておいた方が間違い無さそうです。

例年、雪が降ってから慌てて替える方が多いですが、そうなるとガソリンスタンドはタイヤの履き替えで長蛇の列になります。

朝、出勤しようとしたら雪が降ってきた!どうしよう!!タイヤ替えなきゃ!!!

でも、長蛇の列では会社に遅刻してしまいますので、そうなる前に、余裕を持って替えておきたいですね。

雪支度2:車内にスコップ、雪かきワイパーは必需品

雪が降らない地域ではなじみのない雪かき用スコップ、ワイパーですが、雪国では必需品。

いざという時に1本は持っておきたいものです。

ちなみに、ショベルとスコップとありますが、ショベルとスコップの違いは何かご存知ですか?

日本のJIS規格では足をかける部分があるものをショベルシャベルではなくショベルと定義されている)、無い物をスコップと記されている。 西日本地域では、足をかける部分があるものをシャベル、無い小型の物をスコップと呼び、このJIS規格に概ね沿った呼び名で広く使われている。

出典:シャベル – Wikipedia

文字だけ読んでも分かったような分からないような、って感じなので画像で表すと

出典:memobits – designbits

ショベルは固い地面を掘るのに適した形、スコップは砂利などを集めるのに適した形と言えますね。

というわけで、雪かきに最適なのはスコップです。

雪が固まってしまった場合はショベルで凍った部分を掘って処理することもありますので、ショベルも常備してあるとモアベター。

それでは、オススメのショベル、ワイパーをご紹介します。

ポリカーボネート製雪かきスコップ

送料無料 カルスコ635 (角型 コンパクト スノー 雪かきスコップ 除雪スコップ 車 雪かき道具 除雪用品 冬 雪下ろし スノースコップ 雪対策 グッズ 雪かき用スコップ 雪かき用品 ショベル シャベル スノーショベル プラスチック スノーシャベル 軽量 雪掻き)

価格:1,980円
(2017/11/14 12:06時点)
感想(546件)

これは私も車に1本入れています。雪国では定番なのではないでしょうか。ポリカーボネート製なので軽いです。

とにかく軽いので女性や高齢の方にはぴったりだと思います。男性には少々柄が短いかも知れませんが、結構しっかりしていて雪を乗せる面も広く使いやすそうです。

先端を金属で保護してあるので、雪と一緒に地面をガリガリ!と削ったとしても割れたりしないのが安心ですね。

伸縮スコップ

【限定クーポン配布中 11/14迄】【2017モデル】スコップ 雪かき 除雪 シャベル 軽量 冬 携帯スコップ 車載スコップ 搭載スコップ 搭載ショベル 車載 ショベル 雪かきスコップ 雪かき用スコップ スノースコップ スノーショベル コンパクト 収納袋付き 送料無料

価格:1,480円
(2017/11/14 12:12時点)
感想(12件)

雪道の緊急用として車に積んでおくにはピッタリのサイズ。

組み立て式でコンパクトに保管でき、分解できるので収納にも便利ですね。

こういう雪かき用の道具はオフシーズンの保管で場所を取ったりするので、コンパクトに収納できるのは非常に助かります。

ラッセル型雪かきスコップ

送料無料 クリスターラッセル スノーV (雪かきスコップ 除雪スコップ 雪かき道具 除雪用品 冬 雪かきスコップ グッズ 雪対策 雪かき用スコップ 雪かき スノーショベル スノースコップ スノー ショベル シャベル ラッセル 雪道 便利グッズ プラスチック 雪かき)

価格:3,093円
(2017/11/14 12:16時点)
感想(38件)

最近よく見るラッセル型のタイプ。

普通のスコップだと雪をかいて持ち上げて捨てるの繰り返しによって、腰と腕にかなりの負担がかかりますが、このラッセル型だと雪を押して進むタイプなので、除雪がすごくラクになります!
材質は雪に強いポリカーボネイド。
これなら女性でも無理なく除雪できそうですね。

雪かきワイパー

伸縮スノーブラシ スノーワイパー 雪かきワイパー Y-1225

価格:498円
(2017/11/14 12:21時点)
感想(9件)

こちらも定番のスノーワイパー。

片面がスキージで、もう片面がスポンジになっています。

私はスキージ面でフロントガラスなどを除雪、スポンジ部分でボディなどを除雪しています。

柄が伸び縮みするので背が高い車の雪かきにも役立ちます。

ワンコインで買えるのがすっごいおトクですね!

雪支度3:暖かいインナーはマストアイテム

すでに定番中の定番の暖かいインナー。ユニクロのおかげで暖かいインナー=ヒートテックで定着してきた感がありますが、私は断然ホットコットです。

昨年もご紹介しましたが、今年もベルメゾンから出しているホットコットを強くオススメしますよ〜!

これは、綿95%なので、化繊特有のヒヤッとした感じがなく、着た瞬間からじんわり暖かいんです。

これが私の周りでも大好評で、次々愛用者が増えています。

レディースだけでなく、キッズ、メンズ、さらには授乳ママ用までもラインナップ。

今年はこれまでに加えてVネックタイプも加わりました。

これで冬でも暖かくVネックニットが着られますね。

あと、すごくこれ欲しかった!ってタイプが出ました。カップ付きキャミソールです!!

※写真はタンクトップですが、キャミソールタイプもあります。

ブラ付きキャミ、一度手を出すとこの快適さに病み付きになるんですよね。もうこれを知ってからは普通のブラに戻れなくなりました…(ズボラすぎ?)

ぜひともホットコットで作ってほしいとずっと思っていたので、このアイテムを見た途端に速攻でポチりました!

ホットコットはトップスだけでなく、腹巻きパンツやレギンスもあります。

価格もうれしい790円〜!!安い!まとめ買いできる!!

まとめ買い割引もありますので、家族みんなの分を注文すればおトクですね♪

私はインナーの他、ホットコット素材を使ったパジャマも買うつもりです。

インナーもパジャマもホットコットで今年の冬はバッチリ乗り越えますよ〜!!

雪支度4:ショウガを使った料理や飲み物で体の中から暖かく

足元、インナーと体の表面ばかり暖かくしても、肝心の体の中が冷えていてはNG!

体の中が暖かければ、たくさん着込まなくても十分あったかいものです。

体を温める効果がある「ショウガ」を使って、ぜひ体内からポカポカに暖かくしましょう!

ショウガを一口かじってみてほしい。ぴりっと辛いよね。これは「ジンゲロール」「ショウガオール」「ジンゲロン」という3つの辛味成分のためなんだ。生のショウガに一番多く含まれているのは、この中の「ジンゲロール」だよ。

これらの辛味成分は、温かさを感じる「温覚」という神経を刺激するんだ。特に舌やのどの奥、胃の中の温覚は、刺激を感じる能力が高いんだ。だからショウガを食べると、熱い食べ物を食べているわけではないのに「温かい」と感じてしまうんだ。

そうそう、ショウガを食べて血行が良くなると、冷えが原因で起こる腎臓の炎症にも効果があるといわれているよ。昔から漢方薬にも使われているんだ。
出典:ショウガを食べるとなぜホット?

おすすめショウガレシピ

ショウガ紅茶

「ショウガ紅茶」の画像検索結果
出典:Naverまとめ

すり下ろしたショウガを紅茶に入れるだけ。

ミルクもプラスして、やさしい口当たりのジンジャーミルクティも美味しいですね。おやすみ前に飲むと安眠効果が高まるのでおすすめです。

手軽なスティックタイプも

しょうが紅茶 粉茶 スティック30包/ジップパック100g

価格:1,580円
(2017/11/13 14:26時点)
感想(23件)

サプリでお手軽に

金時生姜は普通の生姜に比べ、「ジンゲロール」がなんと4倍!

そんな生姜の王様「金時生姜」を使用した、身体の芯から手足の先までポカポカになるサプリがあります。

血流がよくなることで基礎代謝が活発になるため、ダイエットにも最適ですね。

数十人のモニターに試したところ、80%がたった1週間で効果を実感したそうですよ。

いかがでしたか?

本格的に近づく冬、そして雪に向けて、しっかり対策して暖かく過ごしたいですね!

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加